クレジットカード現金化業者の換金率って何?

パンチの効いたクレジットカード現金化の閲覧ありがとう!クレジットカード現金化って、実のところどうか、実質をチェックすることを心がけて精査に乗り出したのです!人々の人気の情報を元に、クレジットカード現金化を徹底的に調査したから確認してね。 - クレジットカード現金化業者の換金率って何?

パンチの効いたクレジットカード現金化

クレジットカード現金化業者の換金率って何?

クレジットカード現金化業者のホームページを見ると、換金率、あるいは還元率といった言葉が並んでいることがわかります。

この「換金率」とは一体なんなのか、わかりやすく説明していきます。

換金率は、購入した商品代金の何%が実際に現金化できるかを示す

クレジットカード現金化業者は、利用者が購入した商品の代金と、利用者に支払うお金の差額を手数料として徴収しています。

そのため、仮に10万円の商品を購入したとしても、10万円をそっくりそのまま現金化し、指定した口座に振り込んでもらうことはできません。

わかりやすく例に挙げると、10万円の商品を換金率90%で契約した場合には、手元に入ってくる現金は9万円ということになります。

換金率が92%であれば9万2千円を現金化できるわけですから、換金率が高ければ高いほど利用者にとってはお得であると言えます。

そのような事情から、利用者に興味を持ってもらうため、高い換金率であることをアピールする業者が多いのです。

換金率は契約条件によって変わることがある

同じ業者であっても、換金率は契約する金額やコースによって変わる場合がほとんどです。

換金率は、利用する金額が高くなればなるほど上がる場合が多く、100万円前後の現金化では目安として90~95%前後の換金率で現金化することができます。

反対に利用する代金が数万円~20万円程度と少額の場合には換金率が下がり、90%に満たない換金率となってしまう場合がほとんどです。

また、申し込みから振り込みまでの日数に応じて換金率が変わることもあります。

即日や数日以内の振り込みでは換金率が低くなってしまいますが、
申し込みから振り込みまでに一週間程度の時間を要しても良いのであれば、より高い換金率で契約を交わすことができる業者も存在します。

クレジットカード現金化できる優良サイトまとめ2017

高すぎる換金率には注意が必要

なるべく多くのお金を得たい利用者にとって、クレジットカード現金化業者を選択するための基準は換金率の高さとなります。

しかし限りなく100%に近い高換金率をうたう業者には注意が必要です。

会社を維持するための利益を放棄するような換金率を提示する業者は、個人情報の収集を目的に運営している可能性があるためです。

クレジットカード現金化のきっかけTOPへ