クレジットカード現金化が原因で利用停止になるって本当?

パンチの効いたクレジットカード現金化の閲覧ありがとう!クレジットカード現金化って、実のところどうか、実質をチェックすることを心がけて精査に乗り出したのです!人々の人気の情報を元に、クレジットカード現金化を徹底的に調査したから確認してね。 - クレジットカード現金化が原因で利用停止になるって本当?

パンチの効いたクレジットカード現金化

クレジットカード現金化が原因で利用停止になるって本当?

現金がどうしても必要になった際に、クレジットカード現金化は有効な金策手段です。
しかしクレジットカードの現金化が原因で、クレジットカードが利用停止になってしまう場合があります。

クレジットカードの現金化は利用規約に抵触してしまう

ショッピング枠の現金化は法律で禁じられてはいませんが、各カード会社が設ける利用規約には抵触してしまいます。
そのため、クレジットカードを現金化していることがカード会社にバレてしまうと、段階的なペナルティを受ける可能性が高まります。
そういったペナルティのひとつに「利用停止」が存在するのです。
利用停止は警告の意味合いが強く、一定の期間を経過すれば元通りに使用できるようになる場合がほとんどです。
しかし、悪質性が高かったり、現金化を繰り返している場合には、利用停止の期間が長くなったり、最悪のケースとしては強制退会させられてしまう可能性もあります。

クレジットカードを現金化していると見なされやすい商品とは

クレジットカードの現金化を行っていたとしても、基本的にはそれが発覚しない限りは処分を受けることはありません。
カード会社は個人のカード利用歴を確認し、現金化が疑われる買い物を繰り返している人物を監視し、状況に応じて処分を下します。
つまり、現金化が容易である商品を大量に購入したり、繰り返し購入することによって、ある日突然カードの利用停止措置を取られてしまうのです。
具体的には、換金率の高い商品券やビール券といった金券類、
一般的には家庭で複数台を持つ必要の無いテレビ、パソコン、冷蔵庫といった家電や、高額なゲーム機などを大量に購入していたり、
あるいは定期的に買い続けると、カード会社から現金化を疑われてしまいます

節度を持って利用することが重要

クレジットカード現金化を個人で行うには、利用停止に追い込まれるリスクが生じることも念頭に置くべきです。

カード自体が利用できなくなると、現金化どころの話ではなくなってしまいますから、節度を持って利用するように心がけましょう。

クレジットカード現金化のきっかけTOPへ